優良業者の中にひそむ悪徳業者に注意!換金率だけに惹かれると危険

紺のクレジットカード

優良業者の中にひそむ悪徳業者に注意!換金率だけに惹かれると危険

クレジットカードの現金化を考える際に重要なのは「業者選び」。数ある現金化業者の中には残念ながら悪徳業者が紛れ込んでいる可能性があります。実際に過去にカード現金化業者が逮捕されたケースも。万が一、悪徳業者に引っかかってしまうと思わぬトラブルに発展することがあるので注意が必要です。

悪徳業者の手口とは?

悪い奴
現金化業者は基本的に手数料で利益を出しています。多くの現金化業者は記載した手数料のみ請求する優良業者ですが、中にはホームページなどに記載されている手数料を信じて契約したにもかかわらず、法外な手数料を請求して、キャンセルした場合はキャンセル料を取るというような手口で顧客からお金を巻き上げる悪徳業者や、クレジットカードなどの個人情報を流用、悪用して詐欺を行っていたという悪徳業者もあるようです。
こういった業者は消費者金融、いわゆる闇金等が有名ですが現金化でも存在するのが実情です。

実際に過去に数件ですが摘発されているケースもあります。業者選びの際には大手が運営していて利用者の多いものを選ぶほうが良いでしょう。

悪徳業者を利用した場合どうなる?

悪徳業者を利用した場合は、法外な手数料を請求されたり、情報が悪用される可能性があります。個人情報が転売されてしまうとカードの不正利用や詐欺などの大きなトラブルに発展することも。

ただ、今のところ悪徳業者を利用したからと言って利用者が逮捕されたというケースはありません。逮捕された業者も違法な取引を行っていたため逮捕されたのであって、カード現金化そのものが違法というわけではありません。

高還元率を謳う業者に注意!

注意マーク
還元率が高いほど、利用者が最終的に手に入れる金額は多くなります。そのため還元率の高さは業者を選ぶ大きなポイントになりますが、還元率の高さのみに目を向けていると悪徳業者に引っかかってしまう可能性があります。

そもそも現金化業者は手数料で利益を得ているので、還元率を上げれば上げるほど利益は減ってしまいます。業者の規模が大きい場合は薄利多売でやっていけるかもしれませんが、規模が小さな会社の場合は難しいでしょう。規模の大きさ、利用者の多さ、クチコミ、信頼度などを総合的に見て判断することが必須です。

また、利用する前に必ずインターネットで検索をかけてみましょう。怪しい業者の場合は口コミなどの情報が出ていることが多いです。

ほとんどは優良業者なので安心しましょう

消費者金融の中に闇金が紛れ込んでいるのと同じように、クレジットカード現金化の中に悪徳業者が紛れ込んでいる可能性はあります。しかし、きちんと情報を収集して総合的に判断することができれば悪徳業者に引っかかってしまうことはありません。

  ← 前の記事: