現金化のデメリットを防ぐためにクレジットカードの引き落としに注意しよう

紺のクレジットカード

現金化のデメリットを防ぐためにクレジットカードの引き落としに注意しよう

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化に関しては、未だによく知らないという人も多いでしょう。しかし、知らないのはもったいない!実は審査なしで現金を手にすることができる便利な方法なのです。

どんな時に現金化すれば良いの?

クレジットカード現金化は「手元に現金がなくて困っている時」にするべきものです。しかし、「それならキャッシングという方法があるのでは?」と思う人もいるでしょう。

確かにキャッシングという方法もあります。しかし、キャッシング枠の限度額は意外と少なく、すぐ限度額に到達してしまいます。キャッシング枠を使い果たしてしまったけれども「消費者金融などに借りるのは気が引ける」という場合に有効活用できるのがショッピング枠の現金化なのです。

現金化にデメリットはないの?


業者の指定する商品を購入し、それを業者が買い取るという形でキャッシュバックするクレジットカード現金化、審査なしで最短即日に現金を手に入れることができる手軽な方法ですが、デメリットももちろんあります。

それが、「カードの使用停止」と「情報の流出」です。クレジットカード利用規約では基本的に現金化は禁止されています。そもそもクレジットカードの現金化はグレーゾーンで行われることなのです。そのため、あきらかに現金化目的で使用しているとクレジットカード自体の利用をストップされてしまう可能性があります。

支払いを滞りなく行っている場合は問題なくても、リボ払いを続けておりどんどん支払いを先延ばしにして金額が膨れ上がってしまうとカード利用を止められてしまうかもしれません。

また、現金化業者の中には悪徳業者が紛れ込んでいる可能性があります。万が一悪徳業者に引っかかってしまった場合は、登録した情報などが流出、悪用される可能性も否定できません。

毎月の引き落としには注意しよう

現金化の際に、クレジットカードの引き落としを滞りなく行うことは必須です。ショッピング枠内で買い物をして行う現金化の場合は、一括払いや分割払い、リボ払いなどを自由に選択できますが、大きな金額の現金化で一括払いを選んだ場合は翌月に大きな引き落としがありますので注意が必要。うっかり口座にお金を入れていなかったなんてことにならないようにしましょう。

信用情報に傷をつけないように細心の注意を払おう

現金化の場合は、支払いが滞った場でも取り立て業者が取り立てに来ることはありませんが、クレジットカード会社から連絡が来ます。数カ月支払いが滞ってしまうと信用情報に傷がつく可能性もあるので気をつけましょう。

  ← 前の記事: