消費者金融とクレジットカード現金化を比較!メリットを理解して使い分けよう!

紺のクレジットカード

消費者金融とクレジットカード現金化ならどちらの方が良いの?

手元に現金がない時に家族など身近に借りられる人がいればよいのですが、そうできないこともあるでしょう。そんな時に思い浮かぶのが「キャッシング」だと思います。しかし、できることなら借金はしたくないと誰もが思うはず。そんな時の為に「クレジットカードの現金化」という方法もあるということを知っておくと便利です。

消費者金融のメリット

消費者金融
消費者金融を利用するメリットは主に以下の2つが挙げられます。

  • 銀行などに比べて審査が早く通りやすい
  • 無利息キャンペーンを行っていることがある

消費者金融も銀行と同じように審査が必要になります。しかし、消費者金融は利息が銀行よりも高めに設定されているので審査基準が低くなります。基本的に「安定した収入があればOK」なので基本的に仕事を持っていれば通ることができるでしょう。そのため早ければ審査は30分程度で終わることもあります。

また、一定期間の借り入れであれば利息が付かない無利息キャンペーンを行っている消費者金融も多くあり、借りやすい環境が整っていると言えるでしょう。

クレジットカード現金化のメリット

青と灰のクレジットカード
一方、現金化を行うメリットは主に以下の2つです。

  • 審査が必要ない
  • ショッピング枠を利用するのでキャッシングより低利息

お金を借りる際に必要な審査が現金化の場合は必要ありません。条件は「クレジットカードを持っているかどうか」だけなので、仕事をしていない主婦や学生でも利用できるというメリットがあります。

また、ショッピング枠を利用するので、カードでキャッシングをするよりも低利息で現金を手にすることができます。さらに支払は一括や分割、リボ払いなど、自分の都合に合わせて選択できるので返済もしやすくなります。

「信用情報機関に記録されたくない」なら現金化がおすすめ

キャッシングを行うと、信用情報機関に利用が登録されてしまいます。返済がキチンお行われている場合は利用したことによって信用情報に傷がつくわけではありませんが、頻繁に利用するとローンやクレジットカードの審査の際に影響が出ないとも言い切れません。そんな時に現金化であれば記録が残ることがないので安心です。

現金化でもお金の返済が滞ると大変なことに

現金化の場合、借金という認識が薄くなりがちですが、一時的にクレジットカード会社からお金を借りているということを忘れてはいけません。現金化を利用するだけでは信用情報に登録されることはありませんが、さすがに返済が滞ると信用情報に傷をつけてしまいます。リボ払いや分割払いであっても毎月きちんと口座から引き落としができるように大目にお金を入れておくなどしっかり準備しておきましょう。